ボイストレーニングは呼吸法が大切

・ボイトレを始めるなら腹式呼吸を知ろう
ボイストレーニングを始める前に、まずは呼吸法について勉強しておくと、スムーズにトレーニングをスタートすることが出来ます。一般的に声に関する呼吸法でよく耳にするのは「腹式呼吸」という呼吸法です。特に歌を歌うときなどに重要視され、歌手やボーカリストは必ずと言って良いほど身に付けている呼吸法です。ですが、複式呼吸は歌だけでなく、日常での発声にも役立てることが出来るので、ボイストレーニングを始めるなら、身に付けておくのが得策です。

・腹式呼吸は様々な分野で活用できる
通常、腹式呼吸を使って歌った方が身体の緊張がなくなり、声の印象も強く、歌(声)をコントロールし易いというメリットがあります。また大勢のスピーチをするときなども、腹式呼吸で行うと、ゆっくり深く呼吸をする事になるので緊張感を和らげ、リラックスして臨むことができます。その他にも腹式呼吸は様々な場面で活用できるので、早い内に身に付けておくと後々、便利です。
・発声を行うときの注意点
複式呼吸を使って発声を行うときの注意点として、「声帯に直結している舌や、その周囲の筋肉を常時リラックスさせた状態」を意識的に保つことがとても重要になってきます。舌や喉周辺の声帯に関わる筋肉が緊張してしまうと、声帯を引っ張ってしまうので、良い発声ができません。発声を行うときは「複式呼吸」でお腹周りの筋肉で呼吸のサポートをしつつ、全身の力を抜いてリラックスして行うことが大切です。

ページのトップへ