接客業ならボイストレーニングをして周りに差をつけよう

・接客業を担う人は声帯に負担が掛かり易い
近年では多くの人が接客業に携わっていますが、接客時には相手に良い印象を与えるため、明るく高音域で比較的、大きな声を出すことが求められる傾向にあります。しかし、そういった声の出し方は無理な作り声をするため、喉に力が入って声帯に不自然な力が加わってしまうのです。その結果、声帯に負担が掛かって炎症を起こし、「声帯ポリープ」を発症することがあります。声帯ポリープは接客業に関わらず、声を使う仕事をする人の職業病と言えるでしょう。このような症状を防ぐためにも、声帯に負担のない発声法を訓練できる「ボイストレーニング」を受けることが、接客業を担う人達にも必要な時代になってきています。

・まずは独特の作り声を改めよう
接客業の人は多くの場合、ボイストレーニングを受けていないので自己流の声を作り、声帯に負担を掛けながら仕事をしている人がほとんどです。そして、その独特な作り声がクセになり、声帯を痛めてしまう人も少なくありません。接客を円滑にし、声帯を痛めない発声法を身に付けたいならボイストレーニングに通うことが最適です。まずはクセになっている不自然な発声法を改めて、喉に力の入らない自然な発声法を身につけてみましょう。

・ボイトレで周りに差をつけ能力を高める
接客業に携わる人は、常にそのお店の売上に貢献したいと考えながら仕事をしている人がほとんどでしょう。実は近年、ボイトレを受けて声質を上げた従業員が接客することで、その店の売上がアップするというデータが出ています。お店の売上に少しでも貢献したい、周りの従業員に差を付けたいと感じる人は、ボイストレーニングを受ける事でワンランク上の接客を実現することが出来ます。

今はやりのキッズダンスのスクール探し

ページのトップへ