ボイストレーニングで声域を広げて表現力をあげよう

・まずは自分の音域を知ろう
ボイストレーニングを始める前に、まずは自分の「音域」を知ることから始めなければなりません。音域には個人差があり、音域が広いからと言って必ずしも歌が上手かったり表現力が豊かなわけではありませんが、音域を広げることで声の印象が変わったり、表現力の幅を広げることが出来ます。まずは自分の限界の音域を知り、その幅を広げるボイストレーニングの計画を立てる事から始める必要があります。

・音域を出すコツを知ろう
音域を出す為にはいくつかのコツがあります。それらを理解し、発声の際に気をつけることによって自分の出せる音域を広げていきましょう。高い音域を出すコツとしてはまず、「遠くへ向かって発声すること」、「声が頭上を突き抜けるイメージで発声すること」、「ブレスはきちんと吸うこと」などを心掛けると、スムーズに音域が出ます。また、低い音域を出す際のコツは「喉を大きく開くように意識しながら発声する」、「あごを少し引くようにして発声する」ということを意識して行うと、低音域が出易くなります。

・音域を広げて歌のバリエーションを増やそう
人の発声する音域には個人差があり、音域によって上手い下手が決まるわけではありません。しかし音域が広ければ歌える音楽のバリエーションが増えますし、それだけ表現力を養える環境も作り易くなります。歌で表現力を養いたいと考えるなら、まずは音域を広げるためのトレーニングを行い、自分の歌の武器になるような、広い音域を身に付ける事が大切です。

ページのトップへ