人に与える印象の4割は声で決まっている!?

・声に関するコンプレックスを抱えている人は意外と多い
私達は普段、何気なく声を発しています。日常で人と会話をする時、カラオケで歌うとき、なんとなく叫びたい気分のときなど、人は多くの時間で声を発しながら過ごしています。それだけ私達の日常生活と密接に関わっている声ですが、意外と自分の声が好きだという人は少ないのです。声が暗くて相手に悪い印象を抱かれてしまう人、かすれた声や小さな声で聞き取り難く、相手をイラつかせてしまう人など、自分の声を改善したいと考えている人は多く居ます。そんな人にオススメなのが、割と手軽で、無理なく定期的に通える「ボイストレーニング」です。

・声だけで人に強い印象を残せる
人と接するときのコミュニケーションツールとして、「発声」は欠かせないものです。ほとんどの場合、人と接するときは声を発して話をします。そのため、人と会話をするときに自分の印象を強く残せるかどうかは、声の善し悪しにかかっていると言っても過言ではないのです。ある統計によると、自分の印象を人に与える要素として、約40%は声が占めるという結果も出ています。人に良い印象を与えたり、残したいのであれば、ボイストレーニングなどを受けて自分の声を磨くことも大切になってきます。

・人に良い印象を与えるためには
人に好かれたいと考える人は一度、自分の声を見直してみるのも一つの手です。良い声は相手に良い印象を与える武器にもなります。一般的に良い声とされる声は、ハリがある声、よく通る声、明るい声、心地よく響く声、やわらかい声などがあります。これらの声を出せるように意識して喋るようにするだけで、自分の声に少しずつ変化が現れてくることを実感できる筈です。

ページのトップへ